PR

 SAPジャパンは5月24日,コンプライアンス(法令順守)を支援するためのソフトウエア「Virsa Compliance Calibrator for SAP」の日本語版を発売した。

 Virsa Compliance Calibrator for SAP(以下,VCC for SAP)はSAPジャパンのERPパッケージであるmySAP ERPと連動して,コンプライアンス違反の可能性をリアルタイムでモニタリングする。例えば,購買管理システムで同一人物が仕入先登録と支払いを実行すると,「架空仕入先に不正送金するリスクがある」として検出。ユーザー権限設定の妥当性などをレポートする。

 VCC for SAPには,海外での300社余りの利用実績にもとづいて,リスクのあるトランザクションの組み合わせルールがあらかじめ登録されている。さらに,導入時のコンサルティングによって新規ルールを追加できる。

 SAPジャパンには,貿易業務のコンプライアンスを支援する「SAP Global Trade Sevices」や内部統制プロセスを支援する「SAP Management of Internel Control」など用途別のコンプライアンス対応製品が存在する。VCC for SAPは,これらの製品と,SAPのシステム統合プラットフォームであるNetWeaverを介して連携する。

 VCC for SAP英語版は,「SAP Compliance Calibrator by Virsa Systems」という製品名で,以前から日本国内でも販売されていた。SAPは2006年5月にVCC for SAP開発元であるVirsa Systemsの買収完了を発表するとともに,製品名を変更した。