PR

 KDDIは2006年5月25日,自社のFTTH(ファイバー・ツー・ザー・ホーム)サービスの名称を6月1日から「ひかりone」の新ブランドに統一すると発表した。KDDIはこれまで,自社で敷設した光アクセス回線を使う戸建て向けの「光プラスホーム」と集合住宅向けの「光プラスマンション」,東電の光アクセス回線を使う戸建て向けの「KDDI&TEPCO光キャンペーンプラン」の3種類のサービスを提供していた。今後,戸建て向けのFTTHサービスは「ひかりoneホーム」,集合住宅向けは「ひかりoneマンション」となる。両サービスは従来の光プラスと同様に,インターネット接続や「0AB-J番号」を使えるIP電話,IP方式の多チャンネル放送とVOD(ビデオ・オン・デマンド)の統合サービスをセットで利用できる「トリプルプレー」サービスとなる。

 関東圏においては今後,ひかりoneホームの主力は東電の光アクセス回線とKDDIのIP基幹網「CDN」を組み合わせたサービスになる。1Gb/sの伝送速度を複数のユーザーで共用する「PON」技術を採用している。ひかりoneホームの料金は現行の光プラスと同じで,戸建て向けでインターネット接続サービスだけを利用する場合で月額6720円である。なお,1回線を1ユーザーが占有するタイプのFTTH回線は,東電が「TEPCOひかり」として今後も販売を続ける。