PR

 総務省は6月2日,情報セキュリティに関する啓発活動を6月9日に実施することを明らかにした。セキュリティ対策の重要性を周知させるために,総務大臣からの呼びかけ文や映像などを,総務省やISP各社のWebページで配信する。

 今回の啓発活動は,ISPなどで組織される日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)の協力を得て実施する。

 主な目的は,「ソフトウエアの更新(最新のセキュリティ・パッチの適用)」「ウイルス対策サービス/ソフトの導入」「パーソナル・ファイアウオールの利用」---といったセキュリティ対策の重要性を周知させることと,対策の実施を“お願い”すること。

 「情報セキュリティ対策のお願い」として,総務大臣からの呼ぶかけ文と呼びかけの映像(動画)を,総務省のWebサイト「国民のための情報セキュリティサイト」JAIPAやJAIPA会員のISP各社のWebサイトで公開する。

 加えてISP各社は,セキュリティ対策を推奨するメールをそれぞれの加入者に送信する。メールには,「情報セキュリティ対策のお願い」ページへ誘導するリンクが含まれる。

◎参考資料
「情報セキュリティ対策の集中啓発」の実施概要の公表(報道資料)
情報セキュリティの集中啓発 実施概要イメージ(PDFファイル)
国民のための情報セキュリティサイト