PR

 日立マクセルと三菱化学メディアは2006年6月5日、Blu-ray DiscやHD DVDといった青色レーザー技術を用いる次世代DVDディスクの共同開発が完了したことを明らかにした。開発が完了した次世代DVDディスクは、市場の立ち上がりに合わせて両社が発売する。

 両社は2001年7月より、開発スピードの向上と効率化を図る目的で次世代DVDディスクの共同開発を始めた。2002年7月以降は、両社の開発陣を日立マクセルの開発本部に集結させるなどして、開発を推進してきた。

 結果として、相変化書換型媒体、無機追記型媒体、色素追記型媒体などの材料の開発に成功し、Blu-ray DiscとHD DVDの各種フォーマットに対応した量産技術を確立。今後は両社がそれぞれ生産体制を整え、量産化を図る。