PR

 NECは2006年6月5日,IPマルチキャスト技術を使った放送サービスの品質を高める通信技術を開発したと発表した。通信事業者のIPマルチキャスト配信網に今回開発した技術を導入することで,サービスの停止や映像の乱れなどを抑えた放送サービスを実現できるという。

 開発したのは(1)配信データの経路を二重化する「配信パス冗長化技術」,(2)配信中の映像データが欠損無く送られているかを確認する「マルチキャスト品質測定技術」,(3)配信する映像が途切れないように,障害時に経路を自動的に切り替える「無瞬断切替技術」——の三つである。これらの技術を組み合わせることで,多拠点に同時に番組を配信する際の信頼性や品質を高められるという。NECは,次世代通信ネットワーク(NGN)を構築する通信事業者などに対して,今回開発した技術の採用を働きかけるとしている。