PR

 日立製作所は6月6日,IPコンタクト・センター向けの通話録音ソフト「Cozyvoice」を8月以降に出荷すると発表した。同社のIP電話ソリューション「CommuniMax」の一製品として販売するが,他社のIP電話システム環境下でも利用できるとする。価格は未定。

 最大の特徴は,導入が容易な点。Cozyvoiceは,ネットワークに流れるSIPやRTPのパケットをキャプチャすることで,通話を録音する。このため,同ソフトをインストールしたサーバーをLAN上に設置するだけで導入できる。オペレータのパソコンにソフトをインストールしたり,IP電話機に専用装置を接続する必要はない。同時に録音できる通話は最大75まで。WAVE形式のファイルとして保存する。管理者は時間やIPアドレスなどをキーに通話を検索することが可能。対応OSはWindows Server 2003。なお,6月7日~9日に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2006」にも参考出展する予定。