PR

 ジュニパーネットワークスとネットマークスは6月6日,社内ネットワークへの不正PCの接続を防止するリモート検疫マネージド・サービスを共同開発したと発表した。ネットマークスが「検疫ネットワークサービスRemote for JEDI」として販売する。

 同サービスは,ジュニパーのSSL-VPNアプライアンス「Secure Access」とネットマークスの検疫ネットワーク・ソリューションを組み合わせたもの。社外のクライアントPCが社内ネットワークにリモート接続する際,ネットマークスの運用・監視センターでWindowsの最新パッチやウイルス対策ソフトのパターン・ファイル更新状況,利用が禁止されているソフトのインストール状況など,企業のセキュリティ・ポリシーに合致しているかをチェックする。

 セキュリティ・ポリシーに反する不正PCは,ジュニパーのSecure Accessによって社内ネットワークへの接続を拒否され,ポリシーに適合するPCのみ接続可能となる。既にSecure AccessでVPNを構築しているユーザー企業は,ネットワーク構成を変更する必要がなく,サービス申し込みから約2週間で検疫ネットワーク・サービスを利用できるという。

 価格は100人が利用する場合に初期費用25万2000円から,月額費用8万4000円から。サービスの提供開始時期は8月からの予定。ネットマークスは,販売開始後1年間で100社へのサービス提供を目標にしている。

●日経コミュニケーション編集部より 掲載当初は「初期費用2万5200円,月額費用8万4000円」としておりましたが,正しくは「初期費用25万2000円から,月額費用8万4000円から」です。お詫びして訂正致します。2006.06.07