PR
インテルのデスクトップ向け旗艦製品となる3個のプロセッサー。左から順にCore 2 Duo、P965 Express、ICH8
インテルのデスクトップ向け旗艦製品となる3個のプロセッサー。左から順にCore 2 Duo、P965 Express、ICH8
[画像のクリックで拡大表示]
熱弁を振るうマリノウスキー氏。「Core 2 Duoは最も速く最もクールなCPU。それに965 Expressとを組み合わせれば、疑いようもなく地球上で最も速いマシンになる」
熱弁を振るうマリノウスキー氏。「Core 2 Duoは最も速く最もクールなCPU。それに965 Expressとを組み合わせれば、疑いようもなく地球上で最も速いマシンになる」
[画像のクリックで拡大表示]
965 Expressは3種類ある。最初に出荷するP965は、グラフィックスチップを内蔵しない製品
965 Expressは3種類ある。最初に出荷するP965は、グラフィックスチップを内蔵しない製品
[画像のクリックで拡大表示]
「Clear Video Technology」で、リアルタイムに映像の画質補正が可能
「Clear Video Technology」で、リアルタイムに映像の画質補正が可能
[画像のクリックで拡大表示]

 「Intel chipsets are back!」

 米インテル 副社長 チップセットグループ・ゼネラルマネージャーのリチャード・マリノウスキー氏は大いに興奮した様子でこう叫び、自らのプレゼンテーションを締めくくった。台湾・台北市で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2006」に合わせて、同社が2006年6月7日に開催した新チップセット「965 Express Chipset Family」発表会での一コマである。

 同社は965 Express Chipset Familyとして、「P965」「G965」「Q965」の3品種を発表した。このうちP965は6月5日に量産出荷を開始、G965とQ965は2006年8月をメドにそれぞれ量産出荷を始める予定だ。

 965 Expressは、同社が2006年夏に出荷予定の新CPU「Core 2 Duo」のデスクトップ向け製品(開発コード名:Conroe)とセットで使用することを想定して開発した製品である。Core 2 Duoは、従来のPentium 4やPentium Dと異なる内部アーキテクチャ「Core」を採用して新規に開発したデュアルコアCPUである。その受け皿となるチップセットも、Core 2 Duoに合わせて新規に開発し直したという。

映像処理強化のG965、遠隔管理機能付きのQ965

 基本的なアーキテクチャは3品種共通だが、細かい仕様にいくつかの違いがある。P965はグラフィックスチップを内蔵しないのに対し、G965とQ965はグラフィックスチップを内蔵する。G965は家庭向けとして、映画やゲームといった動画の高速処理ができるよう、高性能のグラフィックスチップ「Graphics Media Accelerator(GMA) X3000」を内蔵する。また「Clear Video Technology」という映像補正機能を備えており、飛び越し走査(インタレース)方式の映像を表示する際に生じる映像の乱れを軽減するほか、色調やコントラストの微調整をチップセットでできるようにしている。HDMIインタフェースによる1080pの高画質映像の出力にも標準で対応する。G965はインテルが推進するAVパソコン規格「Viiv」のバージョン1.5を構成するチップセットとなる。

 Q965は企業向けパソコンへの実装を想定しており、GMA X3000より性能を抑えたグラフィックスチップ「GMA 3000」を内蔵する。代わりに企業内でクライアントパソコンの管理を容易にできるよう、「Active Management Technology」という機能を備える。電源のオン/オフにかかわらずイーサネット経由でクライアントパソコンのインベントリー情報を収集したり、外部セグメントからクライアントパソコンへの不正アクセスを阻止したり、ウイルスに感染したクライアントパソコンをネットワークから切り離したり、クライアントパソコンで動作しているソフトウエアの異常終了を管理者に通報したりといった機能を持つ。Q965は同社の企業向けパソコン規格「vPro」(関連記事)を構成するチップセットとなる。

 このほか共通の仕様としては、フロント・サイド・バス(FSB)の動作周波数を最大1066MHzに引き上げたこと、メインメモリーへのアクセスを制御し高速化する「Fast Memory Access」機能を実装したこと、DDR2-800規格のメモリーに対応したこと、サウスブリッジ(I/Oコントローラー)にICH8を採用したこと、などである。

苦戦のインテル、AMDへの反撃なるか

 インテルはこのところ、ライバルの米AMDにCPUの64ビット化やデュアルコア化といった新技術への対応で遅れを取っており、業績も減速傾向にある。このため、965 ExpressとCore 2 Duoに懸ける同社の期待は大きい。

 製品発表会では、マリノウスキー氏が「疑いようもなく、地球上で最も速いマシンだ」と繰り返し訴えかけるなど、AMDへの対抗心をむき出しにした。さらに、AMDの64ビット動作のデュアルコアCPUである「Athlon 64 X2」搭載機と、Core 2 Duo/965 Express搭載機によるベンチマークを実施。Excelで金融関連の演算処理をする場合、Core 2 Duo/965 Express搭載機の方が3倍速い処理速度になるとの比較結果を披露した。