PR
模型によるデモ。中央下のカード(RFID)を右にあるRFID受信機に触れると,暗証番号を求める電話が携帯電話にかかってくる。
模型によるデモ。中央下のカード(RFID)を右にあるRFID受信機に触れると,暗証番号を求める電話が携帯電話にかかってくる。
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯電話を利用した本人認証サービス「Secure Call」を提供するサードネットワークスは,この仕組みを利用したビルなどの入退室管理システムをInterop Tokyo 2006の会場でデモしている。Secure Callは,認証が必要な時に登録してある携帯電話にコールバックして,暗証番号の入力を求める認証サービス。展示している「携帯電話による本人認証機能付RFID入退室管理システム」は,Secure Callを無線ICタグ(RFID)を使った入退室管理と組み合わせたソリューションである。

 ユーザーは通常の鍵の代わりにRFIDを持つ。これを携帯して自宅や会社などの建物に近づくと,受信機がRFIDの情報を読み取り,自動的にSecure Callのセンターに本人認証を依頼する。Secure Callセンターは,利用者の携帯電話に暗証番号を問い合わせる電話を自動的にコールバックし,暗証番号の入力を求める。携帯電話から暗証番号を入力する方式での本人認証が通ってはじめて,建物の錠前が開く仕組みである。鍵となる無線ICタグを持っているだけでは解錠されないため,セキュリティを高められる。

 Secure Callは,携帯電話の事業者や端末機種の違いにかかわらず,本人認証できるシステム。端末が備える機能などによる制限がないため,入退室管理のように対象となる利用者が多いソリューションに適している。現在サードネットワークスでは,ソリューションをユーザーに提案している段階という。