PR

 KDDIは6月13日、同社のインターネット接続サービス「DION」の顧客情報399万6789人分が流出していたことを発表した。流出したのは、2003年12月18日までに契約したDIONの全顧客分の氏名、住所、連絡先電話番号。そのうち、2万6493人分は性別が、9万8150人分は生年月日が、44万7175人分はメール・アドレスがそれぞれ含まれていた。

 6月13日午後7時時点では、顧客情報がいつ、どのようにして流出したのかは特定できていない。同社は、顧客データベースに接続している開発・保守用のコンピュータから流出した形跡が残っていることから、「人為的なものだと推定している」(広報部)という。2003年12月時点で、開発・保守用のコンピュータにアクセスできたのは、社員が48人、協力会社の社員が177人だった。

 流出は外部からの問い合わせによって発覚した。これまでに、顧客から個人情報流出による被害の訴えはないという。同社は5月31日に警察に被害を届け出済み。流出を確認した顧客に対してはお詫びのメールと文書を送付する。流出に関する問い合わせ先は、0077-78-9100。