PR

 フィンランドのノキアと独シーメンスは6月19日,両社の通信機器事業を統合することで合意したと発表した。

 ノキアのネットワーク・ビジネス・グループと,シーメンスの固定・モバイルの通信事業者向け部門を対等合併し,ジョイント・ベンチャーを設立する。新会社の名称は「ノキア・シーメンス・ネットワークス」。本社はフィンランドのヘルシンキに置き,新会社のCEO(最高経営責任者)にはノキア ネットワーク部門のサイモン・ベレスフォード ワイリー上級副社長兼ジェネラル・マネジャーが就任する予定。

 新会社の事業規模は,合併前の両社の実績から158億ユーロ(日本円に換算すると約2兆3000億円)に上るという。従業員数は約6万人。新会社では,通信事業者向けにIMS(IP Multimedia Subsystem)やW-CDMA/HSDPAなどのネットワーク製品を提供する。

 通信機器市場は,通信事業者の合併が進んでいることによって競争が激化している。今回の合併も,統合により共通部門を効率化し,スケール・メリットを出すことが狙い。合併に伴うコスト削減効果は,毎年15億ユーロ(約2200億円)に上るとしている。

 なお2006年4月には,大手通信機器ベンダーである米ルーセント・テクノロジーと仏アルカテルが合併を発表済み(両社の合併後の事業規模は210億ユーロ)。通信機器ベンダーの再編が加速している。