PR
タブでウインドウを管理する「Opera 9」
タブでウインドウを管理する「Opera 9」
[画像のクリックで拡大表示]
アクセサリーソフトをデスクトップに表示できる
アクセサリーソフトをデスクトップに表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

 2006年6月20日、ノルウェーのオペラ ソフトウエアはWebブラウザー「Opera 9」を発表した。日本語版も用意されており、同社のWebサイトからダウンロードできる。利用は無料。

 従来からの特徴である、タブ型のインタフェースやセキュリティ機能をさらに強化。タブ機能では、複数のタブのサムネイル画像を表示でき、選択が容易になった。フィッシング詐欺などを防止する「セキュリティバー」を搭載、ポップアップ表示を出さない「ポップアップブロック」機能もある。

 それ以外の新機能としては、「ウィジェット」と呼ぶ小規模なアプリケーションを簡単に組み込んで、デスクトップに表示できる機能を備えた。時計や天気予報、ゲームなどがあり、「ウィジェット」メニューから追加できる。また、ピア・ツー・ピア型ソフトウエアの「BitTorrent」も搭載した。