PR
TOP500プロジェクトの最新ランキング
TOP500プロジェクトの最新ランキング
[画像のクリックで拡大表示]

 全世界で稼働中のスーパーコンピュータの性能を集計しているTOP500プロジェクトは6月28日、最新ランキングを公表した。年2回発表しており、今回は独ドレスデンで開催中の「International Supercomputer Conference 2006」の会場が発表の場となった。

 TOP500の1位は米IBMのスパコン「eServer Blue Gene」。米エネルギー省ローレンス・リバモア国立研究所が所有しており、前回も1位だった。2位もIBMのeServer Blue Gene。3位も米IBMのUNIXサーバー「eServer pSeries p5」と、1位から3位までを米IBMが独占する格好となった。4位以下には、米SGI、仏ブル、米デル、米サン・マイクロシステムズ、米クレイといった顔ぶれが並ぶ(表)。NECが海洋研究開発機構に納入した地球シミュレータは過去のTOP500プロジェクトでトップとなったこともあるが、今回は10位と大幅に順位を落とした。前回は7位だった。

 国内では、サンが東京工業大学に納入したクラスタ・サーバー「TSUBAME」が7位となった。米AMDのOpteronプロセサを搭載したIAサーバーである。

 性能的には、1位のローレンス・リバモア国立研究所が所有するeServer Blue Geneがずば抜けている。TOP500は「LINPACK」と呼ばれる連立一次方程式の主に浮動小数点演算を解くベンチマーク性能で順位を決めているが、1位の280.6テラFLOPSに対して2位は3分の1の91.2テラFLOPS。東工大のTSUBAMEは38.1テラFLOPS、海洋研究開発機構の地球シミュレータは35.8テラFLOPSだった。