日本BEAシステムズは,SOA(サービス指向アーキテクチャ)のための基盤製品群「AquaLogic」ブランドを構成する新製品として,所望の情報システムがどこにあるかなどWebサービス資源の属性を管理するディレクトリ製品「AquaLogic Service Registry」を2006年7月7日に出荷する。参考価格は600万円から。

 Javaアプリケーション・サーバーのWebLogicを持つ米BEA SystemsがAquaLogicブランドを発表したのは2005年6月。AquaLogicの中核となるソフトは,ESB(Enterprise Service Bus)の「AquaLogic Service Bus」(旧称Project QuickSilver)である。AquaLogicの発表時点で,ESBに加え,Webサービスとして実装した企業内情報システムを検索するための企業内UDDI(Universal Description,Discovery,and Integration)ソフト「AquaLogic Service Registry」をアナウンスしていた。

 国内では,まずはESBソフトのAquaLogic Service Busや,情報システムのデータを統合して統一のビューで閲覧できるようにする「AquaLogic Data Service Platform」(旧称Liquid Data for WebLogic)などを出荷してきたが,UDDIリポジトリの出荷は遅れていた。今回,新たにUDDIリポジトリであるAquaLogic Service Registryの出荷に漕ぎ着けた。