PR
フィッシングの疑いがあるサイトを開いた際の警告
フィッシングの疑いがあるサイトを開いた際の警告
[画像のクリックで拡大表示]
Firefox 2 Beta1 日本語版
Firefox 2 Beta1 日本語版
[画像のクリックで拡大表示]

 Mozilla Foundationは7月12日(現地時間),オープンソースのWebブラウザ次期版のベータ「Firefox 2 Beta 1」の日本語版を含む各国語版をリリースした。Firefox 2ではフィッシング対策を強化したほか,Windows版のインストーラでスクリプトによるカスタマイズが可能になった。

 フィッシング対策機能では,これまでに知られたフィッシング・サイトのリストにより,フィッシングの危険を判断,警告する。このリストは自動的にアップデートされる。

 Windows版のインストーラがNullsoftのものをベースにした新しいものになり,スクリプトによるカスタマイズが可能になった。

 ブラウザがクラッシュした際にセッションを復旧できる機能などを強化した。「client-side session and persistent storage」と呼ぶ方式に基づく。

 また検索の際に候補を表示する機能を備えた,ブックマークにサイトの要約(microsummaries)を表示する機能などを備えた。そのほかJavaScript 1.7のサポートなどのいくつかの新機能が加わった。

 Firefox 2 Beta 1はMozilla Foundationのサイトからダウンロードして無償で利用できる。

◎関連資料
Mozilla Firefox 2 Beta 1 Release Notes(Mozilla Foundation)
Firefox 2 Beta 1 Phishing Protection(Mozilla Foundation)
Mozilla Firefox 2 Beta 1 Milestone Released(mozillaZine)