PR
Virtual PC 2004を利用して、Windows XPが稼働しているパソコンにWindows Vistaベータ2版をインストールしているところ
Virtual PC 2004を利用して、Windows XPが稼働しているパソコンにWindows Vistaベータ2版をインストールしているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフトは2006年7月12日(米国時間)、仮想マシン環境「Virtual PC 2004 SP1」の無償配布を開始した。日本語版も、マイクロソフトの製品サイトから無償ダウンロード可能。同時に、2007年にはWindows Vistaに対応した「Virtual PC 2007」を無償で提供予定であることも明らかにした。

 Virtual PC 2004は、1台のパソコンで同時に複数のOSの稼働を可能にするもの。2004年5月から販売されていた。価格はオープン(実勢価格は1万6000円程度)。

 無償化の理由について、Virtual PCのプログラムマネージャーのブログでは「マイクロソフトは、仮想化技術を道具であると考えている。Virtual PCはさまざまな目的で使われているが、主要なのは開発やテスト、アプリケーションの互換性確保などの用途だ。我々は既にMSDNを通じて開発者やテスト担当者にVirtual PCを配布しており、アプリケーションの互換性に関する他のツールを無償で提供していることを考えれば、Virtual PCを有償で販売することには意味がないと考えた」とコメントしている。