PR
写真 ヤマハのIP電話対応ブロードバンド・ルーター「NetVolante RT58i」
写真 ヤマハのIP電話対応ブロードバンド・ルーター「NetVolante RT58i」
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤマハは7月14日,IP電話機能に対応したブロードバンド・ルーターの新モデル「NetVolante RT58i」を発表した(写真)。旧モデル「NetVolante RT57i」よりも電話の使い勝手を高め,管理機能の強化を図った。スループットの処理性能などブロードバンド関連の機能は,旧モデルと同じ。専任の管理者を設置できない小規模拠点などへの導入に向く。出荷開始は9月中旬。価格はオープンだが,販売価格は3万6800円を見込んでいる。

 RT58iは,本体に最大2台の家庭用電話機を接続できる。接続した電話機は,(1)「03」などの市外局番で始まる既存の固定電話サービス,(2)「050」で始まるIP電話サービス,(3)ヤマハが独自の番号体系で提供している無料のインターネット電話サービス――と三つの電話サービスを利用できる。このうち固定電話サービスが,今回の新モデルで変わった点。旧モデルはISDN回線しか接続できなかったが,新モデルではISDN回線とアナログ回線の両方を接続できるようになった。

 ISDN回線しか対応しないRT57iは,ADSL(asymmetric digital subscriber line)を利用する企業ユーザーにとって使い勝手が悪かった。ADSLでは,重畳しているアナログ回線から電話をかけることも可能だが,RT57iはそのアナログ回線と接続できなかった。企業ユーザーはADSLと重畳したアナログ回線に別の家庭用電話機を接続し,通話先の電話番号に応じてRT57iにつないだ電話機と使い分ける必要があった。

 管理機能は,(1)USBメモリに記録した設定情報を自動的に読み込んで登録する「USBホスト機能」,(2)専用ボタンを押すだけでファームウエアのダウンロードと更新を自動処理する「DOWNLOADボタン」,(3)ネットワーク障害を検知すると専用のランプを明滅させる「STATUSランプ」――などを追加した。専任の管理者を設置できない拠点や企業にも導入しやすくする狙いからだ。

 今回の新モデルは,NetVolanteシリーズとしては3年ぶり,10代目となる。NetVolanteシリーズは,ブロードバンドを使った簡易VPN(仮想閉域網)を構築するルーターとして,主に中小規模の拠点や企業で導入が進んだ。050番号を使うIP電話対応のブロードバンド・ルーターとして,プロバイダからも提供されている。販売台数は,同シリーズ全体で累計85万台,うち30万台を旧モデルのRT57iで売り上げた。