PR
miniSDカード型無線LANカード「IMSW-822」
miniSDカード型無線LANカード「IMSW-822」
[画像のクリックで拡大表示]
無線LANを内蔵しないW-ZERO3[es]で無線LANが利用できるようになる
無線LANを内蔵しないW-ZERO3[es]で無線LANが利用できるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 アイ・ビー・エス・ジャパンがminiSD型の無線LANカード「IMSW-822」を開発、2006年8月から販売を開始すると発表した。

 IMSW-822は無線LAN規格のIEEE802.11bのみに対応。台湾のSPECTECからOEM供給を受けて販売する。2006年7月4日に発表されたウィルコムのWindows Mobile 5.0搭載端末W-ZERO3[es](関連情報)でも「動作確認済み」(アイ・ビー・エス・ジャパン)で、無線LAN機能を搭載していない同機で無線LANが利用可能になる。

 価格は未定だが、同社によれば「実勢で1万円を切れる見通し」。対応OSはWindows Mobile 5.0のほか、Windows Mobile Software 2003/2003SE、Windows CE 4.X。SDカードアダプターが付属するので、SDカードスロットのみのPDAなどでも利用できるとしている。製品の詳細はアイ・ビー・エス・ジャパンのWebサイトで確認できる。