PR
週末に出回ったとされる偽メール(フィッシング対策ワーキンググループの情報から引用)
週末に出回ったとされる偽メール(フィッシング対策ワーキンググループの情報から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 フィッシング詐欺に関する情報などを提供している「フィッシング対策ワーキンググループ」は7月29日,Yahoo!JAPANをかたるフィッシング詐欺目的の偽メールが出回っているとして注意を呼びかけた。

 メールの件名は「Yahoo! JAPAN - ユーザーアカウント継続手続き」。Yahoo!オークションを継続して利用するには,Yahoo!JAPAN IDのユーザー・アカウントの更新が必要であるとして,偽サイトへ誘導しようとする。偽サイトの目的は,ユーザーIDやパスワードを入力させて盗むことだと考えられる。

 メールはテキスト・メール。Yahoo! JAPANが通常送信するメールに酷似しており,偽ページである「ユーザーアカウント継続手続きページ」のURL以外は,本物のURLなどが記述されている。偽ページのドメイン名は「seccuritymaster.secret.jp」で,国内のサイトに置かれていた。現在では閉鎖されている。

 ユーザー数の多さから,Yahoo!JAPANをかたるフィッシング詐欺が後を絶たない。同サービスのユーザーは,同社名義のメールが送られてきても安易に信用しないようにしたい。

フィッシング対策ワーキンググループの情報