PR
華為技術日本の閻力大・代表取締役
華為技術日本の閻力大・代表取締役
[画像のクリックで拡大表示]

 中国最大の通信機器メーカー,華為技術(Huawei Technologies)の日本法人である華為技術日本は8月,日本国内でもモバイルWiMAX(IEEE 802.16e)の市場に参入する準備があることを明らかにした。華為技術日本の閻力大(Yan Lida)代表取締役は「現在,WiMAXの免許を取得予定のオペレータ(通信事業者)と話をしている。日本のベンダーと協業してWiMAXの市場に参入したい」としている。

 中国の華為技術はIEEE 802.16e準拠のモバイルWiMAX基地局を開発中で,既に試作機が完成している段階だという。

 華為技術日本は昨年11月に設立し,従業員は約70人。7月にはイー・モバイルへW-CDMA HSDPAの基地局を提供すると発表していた。