PR

 スウェーデンのセキュリティソフトウェア会社Protect Dataは,2006年第2四半期および2006年1月から6月までの中間決算を発表した。

 Protect Dataは,PCやPDA,携帯電話,リムーバブルメディアなどのモバイル機器向けの暗号化ソリューション「Pointsec(ポイントセック)」を販売するPointsec Mobile Technologies ABの親会社。日本法人のポイントセックは昨年6月に設立され,クライアントPC情報漏えい防止ソフトの「Pointsec for PC」,リムーバブルメディア情報漏えい防止ソフトの「Pointsec Media Encryption」およびポケットPC用「Pointsec for PocketPC」を販売している。

 売上高は前年同期比73%増の1億1720万スウェーデン・クローネ(SEK;1SEK=約16.18円,8月18日現在)で,このうちポイントセック製品の売上高は前年同期比約2倍の1億280万SEKとなった。税引き後利益は同1.9倍の1170万SEK,1株当たりの利益は同76%増の0.51SEKである。

 2006年1月から6月までの中間決算も合わせて発表した。売上高は前年同期比58%増の2億730万SEK,税引き後利益は同1.5倍の2290万SEK,1株当たりの利益は同1.4倍の1.01SEKに増加した。

 同社CEOのThomas Bill氏によると,モバイル分野のセキュリティ製品市場では,他社製品からポイントセック製品への切り替え需要が相次いでおり,今後さらにシェアは拡大していくと見ている。「大企業や組織において,重要な個人情報を保存したポータブルPCを紛失する事件が多発しており,セキュリティ問題を意識せざるをえない状況にある。結果としてポイントセック製品に関する問い合わせの激増につながっている」。

 今後は,スマートフォン向けソリューションである「Pointsec Wireless Solutions」に力を入れていく。携帯電話端末のメーカーや,通信事業者,SI事業者からも高い関心を集めており,第3四半期以降,いくつかの提携発表を予定している。