PR

 富士通は8月24日、コニカミノルタホールディングスに基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」を納入したと発表した。SAPジャパンのERPパッケージ(統合業務パッケージ)「R/3」の動作プラットフォームとして提供した。動作OSはWindows。7月26日から稼働を始めている。受注額は公表していない。

 コニカミノルタは、傘下会社における生産・物流・購買などの基幹業務システムに、R/3を採用している。この動作プラットフォームを、日本ユニシスの「ES7000」2台から、PRIMEQUEST480と同440を1台ずつの合計2台に替えた。ハードウエアの刷新により、システムの処理性能は2~5倍に向上できたという。