PR
フルブラウザ・サービス「mobazilla」でITproトップページを表示
フルブラウザ・サービス「mobazilla」でITproトップページを表示
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯電話向けのサイト運営などを手がけるアクセルマークは,8月24日に新サイト「アクセルマークラボ」を開設し,フルブラウザ・サービスなどの提供を始めた。

 第3世代(3G)携帯電話でパケット定額制料金プランを利用しているユーザーを対象としたサイト。新サービスの研究開発を行うプロジェクトとの位置づけであり,ユーザーは無料で各サービスを利用できる。いずれも携帯電話事業者を問わない。携帯電話からのアクセスはhttp://ax-m.jp/。

 アクセルマークラボには,開設時点で3つのサービスを用意した。フルブラウザ・サービス「mobazilla ver.β」,オークション横断検索サービス「mogleブランドオークションβ」,ブログのランキングと検索サービス「toplog β」であり,toplog β以外は新たに提供するサービスである。

 「mobazilla ver.β」は,パソコン向けのWebサイトを携帯電話から閲覧できるフルブラウザ・サービス。パソコン向けのWebサイトをサーバーで携帯電話向けに変換して,自由に閲覧できる。携帯電話事業者各社のパケット定額制料金プランに対応する。招待制を廃止したGoogleのWebメールサービス「Gmail」にも対応し,携帯電話からGmailの利用が可能という。

 「mogleブランドオークションβ」は,複数のオークションサイトを横断して出展商品を検索する機能を提供する。携帯電話ではブラウザのウインドウが一つしか開かないため,パソコンのように複数のサイトを見比べて商品を選ぶことができない。横断検索機能により,一つの画面で複数のオークションサイトを同時に比較できる。当初対応するのはYahoo! オークションとBiddersで,今後楽天オークションやAmazon.co.jpを検索対象にする予定である。

 アクセルマークでは,今後1カ月に一つのプロジェクトのペースで,新しいサービスを追加・公開していく予定という。ユーザーからサービス料金を徴収する予定はなく,それぞれのプロジェクトが成長した時点で広告やアフィリエイトなどのビジネスモデルを適用していく考え。

 アクセルマーク代表取締役社長の小林靖弘氏は「自分たちが“あったらいいな”と思うサービスを,ユーザーの視点で開発して公開する。ユーザーの意見を採り入れてより便利なサービスに進化させ,その後にビジネスとしての仕掛けを組み込む」と説明する。それぞれのプロジェクトが月間100万ページビュー程度にまで成長した時点で,ビジネス展開する考えである。