PR
小型デジタルビデオ機器向けの2.5インチ型HDD「CinemaStar C5K160」
小型デジタルビデオ機器向けの2.5インチ型HDD「CinemaStar C5K160」
[画像のクリックで拡大表示]

 日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)は2006年9月1日、小型デジタルビデオ機器向けの2.5インチ型ハードディスク(HDD)「CinemaStar C5K160」を発表した。HDDレコーダーやHDDレコーダー内蔵テレビ、携帯ビデオプレーヤー、高級オーディオ機器向けに、2007年上半期の製品化を予定している。

 CinemaStar C5K160は、同社初の垂直磁気記録方式を採用した2.5インチ型HDD「Travelstar 5K160」をベースに、動作音の低減や映像データを途切れなく再生する機能を追加したもの。1枚当たりの記録容量が80GBのディスクを採用しており、記録容量が160GB、80GB、40GBの製品を用意している。ディスクの回転速度は5400回転/秒。起動時間は2.3秒。

 CinemaStarシリーズは、同社が2006年4月に投入した新ブランド。すでに大容量HDDレコーダー向けに、3.5インチHDD「CinemaStar 7K500」「同7K160」を発表済み。