PR
「GyaO」内に「FOX BOX」を設置してフォックス作品を配信する
「GyaO」内に「FOX BOX」を設置してフォックス作品を配信する
[画像のクリックで拡大表示]

 USENは2006年9月5日、米映画製作大手20世紀フォックスと、「GyaO」における映画、ドラマ、アニメ作品の放送に関するライセンス契約を締結したと発表した。9月1日からすでに数作品をGyaOで配信している。USENがハリウッドの映画会社大手と直接ライセンス契約をするのは今回が初めて。

 2006年9月1日からGyaO内の「映画」チャンネルにおいて「赤い靴を履いた男の子」、「ここよりどこかで」など計5作品を公開。現在は比較的古い作品がメインだが、今後は劇場公開やビデオ発売を控えた新作映像も「ネット上での試写会という形で提供する予定もある」(USEN)という。

 9月中に随時「アニメ」チャンネル「ドラマ」チャンネルでも作品を公開していく。各カテゴリーには「FOX BOX」というフォックス作品専用のコーナーも設置する。9月中に配信開始予定のテレビドラマ「デザイアー」は、米国の「My Network TV」で放送されるのと同時期に配信するという。

 今回の契約は、20世紀フォックス作品の配信をGyaOが独占するというものではない。また、20世紀フォックスが手がけているテレビドラマシリーズ「24-TWENTYFOUR-」や「プリズン・ブレイク」などに関しては「金額的な問題やレンタルビデオとの兼ね合いもあるため、すぐに配信するのはまだ難しい」(USEN)という。