PR
写真 オープンソースのメール・ソフト「Sylpheed」
写真 オープンソースのメール・ソフト「Sylpheed」
[画像のクリックで拡大表示]

 SRA OSSは2006年9月6日,オープンソースのメール・クライアント・ソフト「Sylpheed」(シルフィード)の開発を支援すると発表した。Sylpheedは,Linuxをはじめ,WindowsやMac OSなどで利用できるオープンソース・ソフトである。

 同時に,Sylpheedのライブラリ「LibSylph」(リブシルフ)を公開するプロジェクト「LibSylphプロジェクト」を発足し,9月中にアルファ版,10月に正式版を公開することを明らかにした。LibSylphによって,別のソフトウエアからSylpheedの機能を利用できるようになる。

 Sylpheedの開発者である山本博之氏は,SRAの社員となって,開発を続行する。Sylpheedを公開するWebサイトは,山本氏が以前勤めていたグッデイからSRA OSSに移管している(http://sylpheed.good-day.net/ → http://sylpheed.sraoss.jp)。

 SRA OSSは,山本氏の移籍により,オープンソースを利用したシステム開発において,Sylpheedを積極的に活用していくとともに,組み込み用途でLibSylphを利用するコンサルティングやサポートを提供していくとしている。