PR
図1:Windows SBS 2003 R2の「Green Check機能」。危険なマシンが赤色のアイコンで表示されている。
図1:Windows SBS 2003 R2の「Green Check機能」。危険なマシンが赤色のアイコンで表示されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは9月11日,中小企業向け統合サーバー「Windows Small Business Server(SBS) 2003 R2」を発表した。Windows Server 2003 R2をベースに,「Exchange Server 2003 SP1」や「SQL Server 2005」,パッチ管理ソフトの「Windows Server Update Services(WSUS)」などを統合した製品である。9月15日に発売する。

 Windows SBS 2003 R2は,対応プロセッサ数が2個まで,最大クライアント台数が75台までに制限されている。パッチ管理ソフトのWSUSが統合されているが,同ソフトを単に内蔵しただけでなく,クライアント/サーバーのセキュリティ状態を容易にチェックできる管理ツール「Green Check機能」を搭載していることが特徴。

 Green Check機能は,ネットワーク内のマシンのセキュリティ状態を一元的に管理できる機能だ。安全なマシンは緑色のアイコンで,軽微な問題があるマシンは黄色のアイコンで,重要なセキュリティ修正プログラムが適用されていないような問題のあるマシンは赤色のアイコンで表示される(図1)。監視対象のマシンに特別なクライアント・ソフトをインストールする必要はない。

 Windows SBS 2003 R2には,エディションが2つある。「Windows SBS 2003 R2 Standard Edition」は,Exchange Server 2003が付属する。「Windows SBS 2003 R2 Premium Edition」には,Exchange Server 2003に加えて,「SQL Server 2005 Workgroup Edition」「Internet Security and Acceleration Server 2003 Standard Edition」,「Office FrontPage 2003」が含まれる。クライアントごとに,SBS CAL(クライアント・アクセス・ライセンス)が必要だ。

 推定価格(税別)は,Standard Edition(5CAL付き)が11万円,Premium Editionが23万8000円。前バージョンのWindows SBS 2003 Premium Editionと比べて,価格が3万6000円安くなっているが,これはSQL Serverが「SQL Server 2000 Standard Edition」から「SQL Server 2005 Workgroup Edition」に変更されたため。CALはいずれも5CAL当たり8万8600円である。

 Windows SBS 2003 R2は,「リリース・アップデート」と呼ばれるマイナー・バージョンアップ版だが,Windows Server 2003 R2と異なり,従来バージョンからのアップグレード版も用意している。現在マイクロソフトは,業務用ソフトウエアのアップグレード版を提供していないので(アップグレードするためにはソフトウエア・アシュアランスを購入する必要がある),これはWindows SBS 2003 R2だけの特例である。

 アップグレード・パスは,エディションによって異なる。Standard Editionのアップグレード版は,「Windows SBS 2003 Standard Edition」用しか用意されていない。価格は5万3800円である。Premium Editionのアップグレード版は,「Windows SBS 2003 Premium Edition」または「Small Business Server 2000/4.5/4.0」が対象である。価格は12万9000円。なおWindows SBS 2003 R2 Standard EditionをPremium Editionにアップグレードする「プロダクト・アップグレード版」という製品も用意されており,価格は12万9000円である。

 Windows SBS 2003 R2では,CALの要件が変更された。かつてのSmall Business Serverは,サーバー1台でドメインに構築することが前提となっており,Windows Severをドメインに追加した場合は,別途Windows Server CALやExchange Server CAL,SQL Server CALを買い直す必要があった。Windows SBS 2003からは,Windows Serverをドメインに追加しても,Windows CALを買い直さなくてよくなった(SBS CALで追加したWindows Serverを利用できた)。Windows SBS 2003 R2からは,Exchange ServerやSQL Serverを追加した場合でも,Exchange/SQL Server CALを買い直す必要が無くなった。これらのサーバーを追加する場合は,サーバー・ライセンスだけを足せばよい。