PR

 イーブック イニシアティブ ジャパン(EBI),京セラコミュニケーションシステム(KCCS),シンガポールのKYOCERA COMMUNICATION ASIA PACIFIC(KCAP)の3社は,マンガを電子書籍として販売する電子書籍国際ネットワーク事業を9月19日からシンガポールのサイトで開始すると発表した。今後,台湾や香港,欧米の一部に対象地域を広げ,2008年9月末までの2年間で2億円の売り上げを目指す。

 マンガのデータを日本のサーバーから送信し,現地のサイトで課金などを行うシステムを構築した。マンガのセリフなどは中国語(簡体字)に翻訳して,日本語の元の画像の上に重ねて表示できるようにした。当初は30タイトル(100冊)を用意し,年内に300冊に増やす予定。翻訳言語も増やしていく計画。

 EBIは,電子書籍の製造と販売を日本で展開している会社。販売サイト「eBookJapan」を運営しており,取り扱い書籍は約1万4000点(うちマンガが約8000点)で,25万人の会員を擁する。この電子書籍国際ネットワーク事業では,同社が電子書籍の販売許諾に関する交渉や日本からのデータ配信などを担当し,KCAPとKCCSがシンガポールでの販売(課金,料金回収など)およびサービス運用などを手掛ける。KCCSグループのKCAPは,ゲームなど19カ国60社のデジタル・コンテンツをシンガポールで取り扱う事業を展開しており,マンガにも手を広げることになる。

 今回,サービスをシンガポールで開始することを決めたのは,世界的に言語人口の多い中国語や英語がよく使われていること,ブロードバンドのインフラが普及していること,日本のマンガに人気があることなどから。同国にはマンガ喫茶も多数あり,置かれているマンガの80%は日本のものという。