PR

 東芝ソリューションと日本IBMは2006年9月13日,両者のシステム管理ソフトを連携させることにより,業務アプリケーションの負荷に合わせて動的にシステムをサイジングするシステム構築サービスを受注開始した。アプリケーション負荷が低い時には小数のサーバー機を稼働させ,負荷が高まった際に稼働サーバーを増やすといった運用が可能になる。

 高可用性の確保だけでなく,負荷分散とリソースの配置まで自律的に実施する。ミドルウエアとして,東芝のクラスタリング・ソフト「DNCWARE ClusterPerfect EX V9」(ClusterPerfect EX)と,日本IBMのサーバー負荷管理ソフト「Virtualization Engine Enterprise Workload Manager V2.1」(EWLM)を利用する。EWLMがARM(Application Response Measurement)経由でアプリケーションの性能を監視し,ClusterPerfect EXに伝える。ClusterPerfect EXが,必要に応じてサーバーの配置とアプリケーションの立ち上げを実施する。

 日本IBMは従来から自律コンピューティングに注力してきた。一方,DNCWAREを開発する東芝は,クラスタリング・ソフトのDNCWARE ClusterPerfectの機能を拡張し,自律コンピューティングを目指してきた。2003年6月には,ブレード・サーバーの応用例として,自己修復機能を持つ高可用性クラスタを実現。サーバー機の監視データを基に障害を予測し,クラスタリングによる修復を実施していた。