PR

 ソフト開発やシステム・インテグレーションを手がけるアイ・ティー・エス・ジャパンは9月19日,運用管理ソフト「ITOP Version2.0」を出荷した。従来は,同社のシステムを導入する顧客企業に向けて「Version 1.0」を提供してきたが,これまで培ってきたツール開発のノウハウを生かして,パッケージ製品として出荷することにしたという。

 特徴は,製品を構成する8種類のモジュールの価格がユーザー数や管理対象のハードウエアの数によらず一定であること。例えば,モジュールのうち,システムの稼働率などを監視する「サービスレベル管理支援システム」は150万円,システムの不具合などの根本原因を突き止めて改善する作業を管理するための「問題管理システム」は280万円,「資産管理システム」が450万円となっている。

 上記三つのモジュール「サービスレベル管理支援システム」「問題管理システム」「資産管理システム」は,システム運用の標準ガイド「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」に沿った運用管理ができるような機能を備える。ITOP Version2.0にはこのほか,ITILにまとめられている「変更/リリース管理」「インシデント管理」を支援するためのモジュールを用意した。複数モジュールを使う場合,モジュール同士で必要な管理データを連携できる。