PR
ブラウザー上でスケジュールを入力できる
ブラウザー上でスケジュールを入力できる
[画像のクリックで拡大表示]

 グーグルは2006年9月19日、スケジュール管理機能のWebサービス「Googleカレンダー(ベータ版)」の日本語対応版を一般公開した。これまでは同サービスはGmailの英語版を利用しているユーザーのみに提供していた。

 Webブラウザー上でスケジュールを入力しておくとGoogle側にデータが保存され、別のパソコンや携帯端末からでもネット経由でスケジュールを確認できる。入力したスケジュールを友人や同僚などと共有することも可能。他人が公開しているスケジュールを自分のカレンダーに取り込む機能も搭載している。携帯電話への通知機能もある。

 利用するには、Googleアカウントを取得してGoogleカレンダーのサイトで登録をする。