PR

 前日に続き,NTT東日本のIP電話サービス「ひかり電話」がつながりにくい状況に見舞われている。影響を受けている地域は同社が管轄する1都1道15県すべて。

 前日と同様に通話が集中したため,通話量を制御。併せてIP電話用システムの動作が不安定になったため,再起動をかけた。

 NTT東日本は同システムが安定して動作するまで,継続して通話量を制御する方針。13時20分時点では,「規制をかけた通話の割合は少しずつ下がっているが,全面的な復旧がいつごろになるかは見通しが立っていない」(NTT東日本)。