PR

 ボーダフォンは9月20日,17時34分に通信障害が発生し,複数のサービスが利用できない状態になったと発表した。障害の原因について,ボーダフォンは「詳細は分かっていないが,伝送設備の一部に不具合が生じた。この設備とつながるサービスに影響した」としている。22時30分までにすべてのサービスが復旧した。

 今回の不具合では,4種類の障害が発生した。第1は,第3世代携帯電話サービス(3G)のパケット通信が利用できなくなったこと。影響地域は千葉県全域,茨城県南部,東京都23区の東側で,約22万のユーザーが影響を受けたと見られる。22時30分に復旧した。

 第2は,3Gが一部地域で一切利用できなくなる障害。千葉県市川市,浦安市,佐倉市,千葉市花見川区,船橋市,八千代市,神奈川県川崎市それぞれの一部で発生した。約1万5000ユーザーに影響したが,20時23分に復旧した。

 第3の障害は,第2世代携帯電話サービス(2G)が一部地域で一切利用できなくなるトラブル。神奈川県川崎市,千葉県市川市,浦安市,成田市,長野県長野市の各市の一部で生じ,約5万7000のユーザーが影響を受けている。この障害は,22時30分に復旧した。

 第4は,ツーカーの携帯電話と音声およびショート・メールができなくなる障害。2G,3Gの両方で発生した。北海道,東北・新潟,北陸の約197万ユーザーに影響したが,21時7分に復旧した。

 今回の通信障害に関連して,21時時点で約1000件の問い合わせがボーダフォンに寄せられたという。