PR

 マカフィーは9月20日,個人向けセキュリティ・ソフトの新版「マカフィー 2007」を発表した。ユーザーの用途に合わせて,ウイルス対策やデータ・バックアップ/復元など様々なセキュリティ機能を組み合わせた5種類の新製品を用意し,9月30日から各販売店や同社のオンライン・ショッピング・サイトMcAfee Storeで販売する。旧版では機能単位で製品を用意していたが,セキュリティについてあまり知識のないユーザーでも確実な対策を講じられるよう,用途単位の構成に変更した。

 例えば,ネット・サーフィンに加え,デジタル機器で写真や動画などのデータを管理しているユーザーには,通常のウィルス対策機能やファイアウォール機能に,データ・バックアップ/復元機能を加えた「マカフィー PCプロテクション プラス」を提供。主に電子メールやメッセンジャー・ソフトを利用するユーザーや,ネットショッピングを利用するユーザーには,「PCプロテクション プラス2007」の機能に,迷惑メール対策や個人情報保護などの機能を追加した「マカフィー インターネットセキュリティ スイート2007」を提供する。

 こうした製品構成の変更に加え,マカフィー 2007の統合管理機能である「セキュリティセンター」も大幅に強化した。まず,ユーザーがセキュリティ管理を行う際に最も注意を払う3つの項目(コンピュータの保護状態を示すマーク,ウイルス/スパイウエア対策の定義ファイルを更新するボタン,および,スキャンを実行するボタン)を,即座に把握できるように,画面上の目につきやすい場所に配置した。

 コンピュータの保護状態を示すボタンについては,定義ファイルの更新状況やスキャンの実行状況,主要なセキュリティ機能が有効か無効かといった情報に基づいてセキュリティ・レベルを3段階で判定し,緑・黄・赤の3色で表示するようにした。さらに,セキュリティセンターの画面上で,家庭内に設けたネットワーク上の1台のパソコンから別のパソコンの異常を発見したり,リモート操作で問題を修復できるようにした。

 マカフィー 2007を構成する5製品のすべてに,「サイト アドバイザー」と呼ぶフリーウエアを同梱したことも注目される。サイト アドバイザーは,ユーザーがフィッシングサイトやウイルスの侵入を招く恐れのあるサイトなど,“危険”なサイトにアクセスすることを回避できるようにするためのソフト。これをパソコンにインストールすると,代表的な3つの検索サイト(Yahoo!,Google,MSN)で検索を実行したときに,検索結果として表示される個々のサイトに,安全性を示すマークが表示されるようになる。

 サイト アドバイザーを採用した理由について,マカフィーの飯島睦プロダクトマーケティングマネージャーは,「検索サイトでヒットするサイトのうち,95%はサイト アドバイザーの検査によって安全性をチェックできる。当社が開発したセキュリティ機能とサイト アドバイザー機能を併せ持つことで,セキュリティ・レベルのいっそうの向上が期待できる」と説明する。

 価格は,セキュリティ対策やスパイウエア対策,ファイアウォールといった最も基本的なセキュリティ機能だけを持つ「ウイルススキャン プラス」の場合,パッケージ版が5754円(1ユーザーが1年間使用する契約),オンライン版が4095円(同)である。各製品の価格の詳細は,下記の表に示した(ワイヤレスプロテクション2007のみ3ユーザー1年契約の価格,そのほかの製品は1ユーザー1年契約の価格)。


製品名パッケージ版オンライン版
ウィルススキャン プラス20075754円4095円
PCプロテクション プラス20074620円
インターネットセキュリティスイート20078904円5775円
トータルプロテクション20079980円6980円
ワイヤレスプロテクション20074179円2980円