PR
CENT Japanに追加されたソーシャルブックマークサービスへの登録ボタン。左から「はてなブックマーク」「ECナビ人気ニュース」「livedoor クリップ」のボタン
CENT Japanに追加されたソーシャルブックマークサービスへの登録ボタン。左から「はてなブックマーク」「ECナビ人気ニュース」「livedoor クリップ」のボタン
[画像のクリックで拡大表示]
はてなブックマークへの登録ボタンをクリックした画面。URL、タイトル情報が既に入った状態で表示される。後は任意で付加情報を追加するだけでよい
はてなブックマークへの登録ボタンをクリックした画面。URL、タイトル情報が既に入った状態で表示される。後は任意で付加情報を追加するだけでよい
[画像のクリックで拡大表示]
はてなブックマークに記事がお気に入りとして登録された画面。インターネット環境さえあればどこからでも自分のお気に入り情報を閲覧できる
はてなブックマークに記事がお気に入りとして登録された画面。インターネット環境さえあればどこからでも自分のお気に入り情報を閲覧できる
[画像のクリックで拡大表示]

 シーネットネットワークスジャパンは2006年9月25日、同社が運営するニュースサイト「CNET Japan」「ZDNet Japan」に掲載する記事にソーシャルブックマークサービスへの登録するボタンを追加した。追加したソーシャルブックマークサービスは、はてなが提供する「はてなブックマーク」、ECナビが提供する「ECナビ人気ニュース」、ライブドアが提供する「livedoor クリップ」の3つ。

 ソーシャルブックマークとはお気に入りのWebページ情報をインターネット上で追加したり公開したりする機能。お気に入り(ブックマーク)をパソコン上のWebブラウザーでなく、インターネットのWebサービス上で追加・管理することで、どのパソコンからも自分のお気に入りを参照でき、自分と同じ関心を持つほかのユーザーのお気に入りも閲覧できる。ユーザーが任意の単語で分類する「タグ」を付加したり、コメントを追加したりという使い方も可能だ。

 CNET Japan、ZDNet Japanの両サイトでは、記事の見出し下に各社のソーシャルブックマークサービスに登録するためのボタンを設置してある。また、それらのボタンには、その記事を既に登録しているユーザーの数が示されるので、記事への関心の高さを判断する目安になる。