PR

 ソニーは9月29日、同社がノート・パソコン・メーカー各社に提供しているリチウム・イオン電池が発熱し、場合によっては火災に至る問題で、同社製品の自主交換を全世界で実施することを決定し、パソコン・メーカー各社に案内を出すと発表した。現在、米国消費者製品安全委員会と話し合っており、近日中に詳細を発表する。

 ソニーはすでにデルとアップルコンピュータの製品を対象に電池の回収に協力することを発表しているが、その対象を他のパソコン・メーカー製品にも広げる。同社は「ノートパソコンの事故に対するお客様の心配を払拭するためには、電池の自主回収が最善と考えた」とコメントしている。

 ノート・パソコンの電池が発熱・発火する問題では、ソニー製品を採用するデルとアップル以外にも、複数社が対応に動いており、9月28日には米レノボと米IBMもThinkPadに搭載するソニー製リチウム・イオン電池を自主回収すると発表した。