PR

 NTT持株会社とNTTレゾナントは10月2日,ブログ検索エンジンの新版「BLOGRANGER 2.0」をポータルサイト「goo」内の実験サイト「gooラボ」で1年間提供し,共同実験を実施すると発表した。

 BLOGRANGERは,NTTサイバーソリューション研究所が開発したデータ・マイニング機能を持つブログ検索エンジン。多くのブログ記事を収集してきて,そこから注目のトピックやブログ,リンク先,感想を抽出し,表示することが可能。これらの機能を「1.0」として,2005年12月から今年6月までgooラボで提供していた。

 BLOGRANGER 2.0では,新たに検索結果を抽出する機能を使うためのAPI(application programming interface)を公開する。Webページ作成者がこのAPIを活用してWebアプリケーションを開発すれば,独自のブログ分析結果をページ内に表示できる。

 APIはJavaScriptを使う「BLOGRANGER API」として,gooラボで仕様を公開する。マイニングしたデータは,「JSON」と呼ぶデータ形式で提供される。このAPIを使うと,異なるWebのサービスから得た情報を関連付けてユーザーに提供する“マッシュアップ”のサービスを作ることが可能だ。

 JavaScriptを使いこなすことが難しいユーザー向けには,APIをパーツ化した「BLOGRANGERパーツ」を用意する。検索条件などを指定するとJavaScriptが生成される。これをWebページのHTMLソースに貼り付けることで利用できる。

 BLOGRANGERは,携帯電話からも利用可能にした。パソコンの検索結果のURLを表すQRコードを表示する。これを携帯電話で読み取ることで閲覧できるようになる。

 今回の実験では,NTTサイバーソリューション研究所が技術とシステムを提供。システムの運用性や技術を検証する。レゾナントはgooラボでの環境提供と運用を担当し,ビジネスとしての実用性を検証・評価する。ビジネスモデルとしては,一緒に広告を配信したり,APIを有償で提供することが考えられるという。