PR
写真1 日本CAの長谷一生SMB&コンシューマー事業本部事業部長(右)と同社製セキュリティ製品ユーザーというタレントの眞鍋かをりさん(左)。
写真1 日本CAの長谷一生SMB&コンシューマー事業本部事業部長(右)と同社製セキュリティ製品ユーザーというタレントの眞鍋かをりさん(左)。
[画像のクリックで拡大表示]

 日本CAは10月4日,個人向けセキュリティ・ソフト「CA インターネット セキュリティ スィート 2007」を発表した。従来の「eTrustシリーズ」から製品ブランド名を変更。ユーザー・インタフェース(UI)を大幅に刷新し,各製品の操作性を統一。使いやすさを高めた。ダウンロード版は本日より開始し,パッケージ版は10月6日に出荷開始する。

 スィート 2007に含まれるのは,アンチウイルス,アンチスパイウエア,アンチスパム,パーソナルファイアウォールの4製品。機能強化の狙いは,初心者でも扱いやすいようにすること。例えば1クリックで,4製品すべての最新プログラムや定義ファイルのアップデートが可能になったほか,セキュリティ上の問題を自動で修復する「今すぐ解決ボタン」や,最新のセキュリティ脅威情報を常時表示するなどの強化を図っている。

 今回からスィート 2007のほかに,パックアップ/OS移行製品「CA デスクトップ DNA マイグレーター 2007」を搭載した「スィート 2007 プレミアム版」が用意されている。長谷一生SMB&コンシューマー事業本部事業部長は,「間もなく登場するWindows Vistaでパソコンの買い替えが予想される。他社のセキュリティ対策ソフトからの乗り換えのきっかけになると期待する」と語る(写真1)。

 価格はスィート 2007のダウンロード版が4280円で,パッケージ版が5600円。プレミアム版はそれぞれ6480円,8800円となっている。