PR

 KDDIは10月5日,「KDDI IP-VPNサービス」のメニュー拡張を発表した。IP-VPN網からゲートウエイ設備を介してインターネットに接続できる「インターネット接続GW型ベストエフォートタイプ」を加えた。これは最大100Mビット/秒のベストエフォート型メニューである。同日提供を開始した。

 料金は(1)KDDI IP-VPN区間の利用料,(2)KDDI IP-VPNからインターネットに接続する「KDDIインターネット」区間の利用料――の合計額で,月額で5万7750円となる。内訳は(1)が月額4万2000円,(2)が同1万5750円。初期費用が別途かかる。

 オプションで,KDDIインターネットで提供するセキュリティ対策のサービス「KDDI セキュアライン」を利用できる。URLフィルタリング,メール用ウイルス対策,HTTPおよびFTPのウイルス対策の各機能を提供。料金はURLフィルタリングを付けた場合月額3万1500円,付けない場合は同1万500円となる。これはKDDIインターネットのサーバーを使う「Non-BOXタイプ」の金額で,初期費用は別途必要。

●日経コミュニケーション編集部から 掲載当初,「料金はURLフィルタリングを付けた場合月額2万4150円,付けない場合は同3150円」としておりましたが,KDDIから「料金表が間違っていたため訂正してほしい」との連絡がありました。正しくは「料金はURLフィルタリングを付けた場合月額3万1500円,付けない場合は同1万500円」です。以上,訂正いたします。