PR

 ソフトバンクモバイルは10月2日から「おしらべダイヤル」と呼ぶサービスを提供中である。携帯電話を使ったコンシェルジュのようなサービスで,例えば「A駅近くで中華料理が食べたい」といった条件を元に,オペレータが検索してユーザーに回答してくれるサービスである。

 おしらべダイヤルは,(1)ユーザーが特番に電話をする,(2)オペレータに条件を伝える,(3)オペレータが条件を元に検索,(4)検索結果(店舗の電話番号やURLなど)をメールでユーザーあてに送信,という流れになる。

 当初は飲食店と宿泊施設に限定して情報提供を開始。対応時間は9時から22時で,通話料は1秒につき3円かかる。案内料は無料だが,メールで受け取ったURLから店舗のサイトへ接続する際はパケット料やWeb利用料がかかる。

 なお,おしらべダイヤルは全ユーザーに対して一斉に告知したサービスではなく,今のところ一部地域のユーザーに限定してSMS(ショート・メッセージ)を使って知らせている段階。今後は請求書にチラシを同封するなどしてサービスを告知していく。