PR

 auブランドの携帯電話サービスを展開するKDDIと沖縄セルラー電話は10月10日,au携帯電話にJavaで作成したアプリケーションの再生機能「オープンアプリプレイヤー」を搭載すると発表した。2007年春以降に発売する端末が対応する。全機種に搭載するかどうは「現時点では決めていない」(KDDI)。現行端末の対応予定はないとした。

 狙いは「ユーザーが自由に作るいわゆる『勝手アプリケーション』に対応すること」(KDDI)。au携帯電話の現行機種が対応する「BREWアプリケーション」は,ユーザーが自由にアプリケーションを作成・配布することはできない。KDDIによるアプリケーションの検証などが必要になるからだ。Javaに対応することで,こうした制約なしで,開発したアプリケーションを誰でも配布できるようにする。

 ユーザーが独自に作成・配布することを想定しているため,EZweb上でのJavaアプリケーションの販売は予定していない。そのため,既存のBREWアプリケーションとは競合しない格好になる。

 オープンアプリプレイヤーは,Java実行環境の標準規格である「Mobile Information Device Profile(MIDP)2.0」に準拠。6KバイトまでのJadファイル,300KバイトまでのJarファイルをダウンロードできる。こうした仕様をまとめたアプリケーションの作成ガイドを,KDDIはホームページ内の「EZfactory」で本日から公開している。

 なお,オープンアプリプレイヤーは,アプリックスが開発したJava実行環境「JBlend」を利用している。