PR

 ソフトバンク・テクノロジーはオープンソース・ベースのCRM(顧客管理)ソフト「SugarCRM」の販売を開始する。SugarCRMをベースにコンタクトセンターや携帯電話と組み合わせたシステムやASPサービスとしても売り込み,初年度5億円の売上を見込む。また米SugarCRMの代理店であるケアブレインズに9600万円を出資,16.5%の株を取得した。

 SugarCRMは米SugarCRM社が開発,販売しているCRMソフトウエア。オープンソース版はソースコードを含めて配布されており,無償で利用できる。これまでに200万件ダウンロードされているという。商用版は無償版の機能に加えOutlook連携機能や商品管理,レポート機能などを備える。

 ケアブレインズは米SugarCRMの日本での代理店。SugarCRM無償版の日本語化パックも開発し無償で公開,日本語のSugarCRMコミュニティの運営も行っている。