PR

 テンアートニは10月17日、既存システムで利用しているLinuxディストリビューションを仮想化ソフト上に載せ換えるためのサービスを開始した。販売終了やサポート期限切れになったLinuxディストリビューションがサーバーの新機種に対応していないために載せ換えられない、というユーザーに向けたもの。

 仮想化ソフト上で既存のOSを稼働させることにより、サーバーの新機種上で既存アプリケーションをそのまま移行できる。対象とするLinuxディストリビューションは、Red Hat 6.2から9、Linuxカーネル2.4.9以前を利用しているものなどである。仮想化ソフトには、VMwareやXen、Virtual Ironを用いる。

 サービスは、「Virtual Linux Sustaining Solution(Virtual LSS)」と呼ぶ。内容には、診断サービスと移行サービスの二つがある。診断サービスは、まず既存システムの環境を調べ、同社が用意した仮想ソフト上にそれを再現し、テストを実行する。価格は30万円から。移行サービスは、実際に移行作業を実施する。移行サービスの価格は個別見積もりで定める。