PR
インクジェット複合機「カラリオ」シリーズの上位機種「PM-T990」。テレビと接続して、データ放送の情報を印刷するデモを実演している
インクジェット複合機「カラリオ」シリーズの上位機種「PM-T990」。テレビと接続して、データ放送の情報を印刷するデモを実演している
[画像のクリックで拡大表示]
フォトプリンター「カラリオ ミー E-700」は、メモリーカードの画像を直接CD-Rに書き込める。実売価格は3万2000円前後
フォトプリンター「カラリオ ミー E-700」は、メモリーカードの画像を直接CD-Rに書き込める。実売価格は3万2000円前後
[画像のクリックで拡大表示]
家庭用プロジェクターの「EMP-TWD3」は、DVDドライブを搭載しているのが特徴。余計な配線が不要で、電源ケーブルを接続するだけで動作する。80型のスクリーン付きで、実売16万前後
家庭用プロジェクターの「EMP-TWD3」は、DVDドライブを搭載しているのが特徴。余計な配線が不要で、電源ケーブルを接続するだけで動作する。80型のスクリーン付きで、実売16万前後
[画像のクリックで拡大表示]
4型の液晶を搭載したフォトストレージ「P-5000」も実機を展示している。実売7万円前後
4型の液晶を搭載したフォトストレージ「P-5000」も実機を展示している。実売7万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 WPC TOKYO展示会場のエプソン販売ブースでは、発売されたばかりのインクジェットプリンター「カラリオ」シリーズを展示している。新製品の特徴である、逆光などの失敗写真を自動補正する「オートファイン!EX」機能などを実機で体験できる。

 注目は「カラリオ」シリーズのインクジェット複合機「PM-T990」。松下電器産業の液晶テレビ「ビエラ」と接続すると、地上デジタルのデータ放送の中から印刷情報が付加されたデータを印刷できるのが特徴。発売は11月上旬で、実売価格6万円前後。

 また、コンパクトプリンター「カラリオ ミー」も展示している。上位機種の「E-700」は、CD-RW/DVD-ROMのコンボドライブを搭載しているのが特徴。CDやDVDに保存されている映像を直接印刷できるほか、デジカメで撮影したメモリーカードの画像をCD-Rに直接書き込める。

 家庭用プロジェクター「ドリーミオ」の展示も必見。DVDドライブを内蔵した新製品の「EMP-TWD3」で、80型のスクリーンを使った投影デモを行っている。会場にはリビングルームのような椅子も用意されているので、DVDを自宅にいるような感覚で体験できる。

 デジカメで撮影した写真を保存、表示できるフォトストレージも展示。「P-5000」は、4型の液晶を搭載し、色の再現性がよいのが特徴。メモリーカードを挿入して、1GB分のデジカメ写真を約3分でコピーできるという。