PR
写真●日立製作所の「FLORA Se210 RK1」と「FLORA Se330 BU1」
写真●日立製作所の「FLORA Se210 RK1」と「FLORA Se330 BU1」
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は,東京ビッグサイトで開催中の「Security Solution 2006」で,省電力化による長時間駆動と軽量化を実現したB5ファイルサイズのノート型シンクライアント端末「FLORA Se210 RK1」と,省スペース・省電力を実現したデスクトップ型シンクライアント端末「FLORA Se330 BU1」を展示した(写真)。

 FLORA Se210 RK1は,重量約1キロ・グラムと軽量化したほか,標準バッテリーで約5時間の長時間駆動を実現したディスクレスのシンクライアント端末。「情報漏えいは,電車でノートパソコンを忘れたり,ノートパソコンを盗まれるなど,会社の外で起こることが多い。このため,まずは営業担当者などが外出先で使うモバイル端末からシンクライアント化したいというニーズが強い。そこで,より外出先で使いやすいように,軽くて長時間駆動のノート型端末を商品化した」(日立製作所 プラットフォームソリューション事業部 セキュアユビキタスソリューションセンタの加瀬奈月氏)。CPUはVIA社の「Eden」(500MHz)。OSは「Windows XP Embeded(SP2)」。出荷開始時期は10月31日。価格は20万4750円から。

 FLORA Se330 BU1は,容量を従来製品の約3分の1以下と大幅に省スペース化し,消費電力も従来比70%に低減したディスクレスのデスクトップ型端末。ファンレスで音も静かになっている。「ハードディスクがないのだからもっと小さくしてくれ,というニーズに応えた」(同)。CPUはVIA社の「C7」(1GHz)。OSは「Windows XP Embeded(SP2)」。出荷開始時期は9月22日。価格は7万2450円から。いずれも日立独自のVPNのほか,Cisco VPN,NetScreen,VPN-1など,日立以外のVPNをサポートする。