PR

 シスコシステムズは10月25日、フルHD(ハイデフィニション)に対応したテレビ会議ソリューション「Cisco TelePresence」を、12月から販売すると発表した。専門のパートナー制度も設け、販売やSIで協業する。シスコシステムズは、IP電話とテレビ会議、グループウエアなどの業務アプリケーションを連携させたソリューション「ユニファイドコミュニケーション」を提供している。TelePresenceもその一環として展開し、IP電話システムの拡販につなげる考え。

 Cisco TelePresenceは、65インチのプラズマディスプレイ、マイクやスピーカー、H.264準拠の映像符号化装置、IP電話機「Cisco Unified IP Phone 7970G」などで構成する。製品構成はディスプレイ3台で12人用の「3000」と、ディスプレイ1台で4人用の「1000」の2種類。3000の価格は4048万5000円から、1000の価格は1069万7000円から。別途、シスコのIP電話サーバー「Call Manager」も必要になる。

 ハイエンドのテレビ会議市場では、米ポリコムやノルウェーのタンバーグなどが先行している。シスコシステムズの黒澤保樹社長はTelePresenceの特徴について「対面のコミュニケーションに代わり得る工夫を盛り込んだ」と強調する。テレビ会議システム単体ではなく、テーブルや照明装置などのオフィス家具、話者の視線調整や立体音響などのノウハウを盛り込んだソリューションとして提供していく。

 このためシスコシステムズはTelePresenceの展開に当たり、専門のパートナー制度「Cisco TelePresence Advanced Technology Provider」を新設。日本の参加企業は現時点では未公開だが、既存のパートナー企業の中から2社が参加する見通しである。