PR

 ソフトバンクモバイルは10月29日,同日12時10分から携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の受け付けを停止したと発表した。28日にも同様の対応を行っており,受け付け停止は2日連続。なお,新規申し込みやサービス変更などには応じている。

 28日に受け付けを停止した後,29日午前中には再開していたが,「処理量が多くシステムがパンクしたため,再度停止に踏み切った」(ソフトバンクモバイル)。他社からの転入だけでなく,他社への転出の申し込みも現在不可能な状況。「転入と転出の割合は現時点では分からない」(同)としている。

 ちなみに,KDDIとNTTドコモは「ソフトバンクモバイルから自社へ移転されるお客様の増加に伴い,ソフトバンクモバイルのシステムで処理遅延障害が発生した」と発表している(NTTドコモのリリースKDDIのリリース)。

 ソフトバンクモバイルは申し込みの件数が減れば,復旧するとしており,平日となる明日は問題が解消する可能性が高い。「来週の週末には同様の問題が起こる可能性があるため,現在全力を挙げて対応中」としている。

→【続報】ソフトバンク,「システム対応完了」としてMNPの受け付け再開