PR
KDDIのコンテンツ・メディア事業本部長 高橋誠氏(左)とグリー社長の田中良和氏(右)
KDDIのコンテンツ・メディア事業本部長 高橋誠氏(左)とグリー社長の田中良和氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIとグリーは2006年10月30日、携帯電話向けのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「EZ GREE」の提供を11月16日より開始すると発表した。基本料金は無料で、別途、パケット通信料が必要だ。EZwebmultiコース、EZ WINコースの契約機種で利用できる。

 SNSとは、ユーザーが互いの知り合いを紹介したり、趣味や居住地、出身校などのコミュニティに参加したりすることで、新たな人間関係を広げるためのWebサービス。既に会員になっている人からの招待がなければ入れない会員制のサービスと、誰でも参加できるサービスがある。パソコンを使う従来の「GREE」が招待制のSNSであるのに対し、EZ GREEは招待がなくてもユーザーが申し込むだけで入会できる。友人を招待したり、プロフィールの作成と公開、Webメール、日記の作成と公開、コミュニティの作成と公開、友人の検索といった基本的なSNS機能を利用可能だ。

 EZ GREEの特徴は、au独自のサービスとの連携が可能な点。具体的には動画の公開、日記やプロフィール画面のカスタマイズ、ゲーム・占いの結果表示、ウィキペディアの検索、Q&Aなどが2006年11月から利用可能となる。

 その後も、携帯のGPS機能を使ってSNSに位置情報を組み込むといった機能を追加する予定だ。また、ニュース記事や天気予報などの情報を配信する「EZニュースフラッシュ」、カスタマイズ可能な携帯向けポータルサイト「au My Page」を使ってSNSの更新情報を表示するサービスなども検討しているという。

 なお、従来のGREEにも、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン)の携帯電話からアクセスできる「GREEモバイル」がある。既存のGREE会員がauユーザーだった場合、携帯電話からアクセスする際のページがGREEモバイルからEZ GREEに変わる。EZ GREEから新規に入会するユーザーは、パソコン側からもサービスを利用することができる。