PR
小型軽量をアピールするソニーの石田佳久VAIO事業本部長
小型軽量をアピールするソニーの石田佳久VAIO事業本部長
[画像のクリックで拡大表示]
「VAIO type G」
「VAIO type G」
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは11月1日,ビジネス向けのノート・パソコン「VAIO type G」を発表した。店頭販売モデルを12月2日に,法人向けモデルを12月4日に販売する。各種機能をカスタマイズできる「オーナーメードモデル」も用意し,11月27日から受注開始する。価格はオーナーメードモデルで最小構成を選択した場合の16万4800円から。

 VAIO type Gの開発では企画段階で1300社にヒアリングを実施し,ユーザーの声を足で拾った。例えば,製薬会社で病院を訪問する営業担当者からは「お医者さんに『電源を貸してください』とはとても言えない」といった声が得られた。これらの意見を反映し,ビジネスで必要な機能と性能を決定したという。

 具体的には小型軽量と長時間駆動,堅牢性にこだわった。12.1型液晶ディスプレイを搭載し,重さは最軽量構成で898グラム。これは「12.1型液晶のノート・パソコンとしては世界最軽量」(ソニー)という。

 大容量バッテリーを装着する場合は重さが1116グラムなどに増えるが,バッテリー駆動時間は標準バッテリーの6時間から12.5時間に伸びる。通常バッテリーと大容量バッテリーは,重さが異なるもののサイズは同じ。

 堅牢性に関しては,72cmの高さからの落下や,120kgの加圧にも耐えるとしている。

 ソニーの石田佳久VAIO事業本部長は「昨今『ソニーの技術力が落ちたのではないか』と言われているが,本当にこれより素晴らしい商品が世の中にあるとお思いの方はぜひ教えて欲しい」と発言,type Gへの自信をのぞかせた。なお,ソニーの説明員によれば「一番のライバルとなるのは松下電器産業の『レッツノートW5』」だという。

 CPUにはインテルの「Core Solo」を採用。IEEE 802.11a/b/g対応の無線LANやBluetooth,FeliCa機能,指紋センサー,DVDスーパーマルチドライブなどを内蔵できる。