PR

 グーグルは11月1日、中小企業向けサービス「Google Apps for Your Domain」日本語版の提供を開始した。Web上で利用できる電子メールやカレンダー、チャットを統合したサービスで、ユーザー企業ごとに画面をカスタマイズできる。

 利用できるサービスは、Webメールの「Gmail」、カレンダー共有・管理の「Google カレンダー」、インスタント・メッセージの「Google トーク」、GUIによるWebページ作成の「Google Page Creator(メニューは英語のみ)の4種類。ユーザー企業はグーグルのWebサイトから、これらのサービスの利用を申し込む。同サイト上で四つのサービスの中からユーザーに提供したいサービスを選択したり、ユーザー・アカウントを管理したりできる。

 今回、提供を開始したのは無料の「スタンダード版」だ。これはベータ版という位置付けで、メールによるサポートとオンラインのヘルプセンターを利用できる。ベータ期間中に受け付けたユーザーからのフィードバックを基に、正式サービスを開始する。スタンダード版のユーザーは、ベータ期間終了後も無料でサービスを利用できる。このほか、メニューを拡充した有償の「プレミアム版」の提供も予定している。